賃貸住まいのいいところは自由に引越しできること

賃貸派が増えてきている

最近は、住宅を購入する余裕がある人でも、賃貸住宅に住み続けるケースが増えていますね。ひと昔前までは、家を持ってこそ一人前って感じで、特に地方では賃貸住まいは好印象を持たれなかったようです。でも事情は変わりました。住宅価格が右肩上がりで上がっていた時代は過ぎ去り、持ち家は住む人がいなくなってもなかなか売れなくなり、空き家問題が深刻化してきました。家を持つってそんなにいいこと?って時代になってきつつあるようです。

近隣トラブルはいつ起こるかわからない

家を購入して一生の住まいと定めた場合、困るのが近隣トラブルに見舞われたときです。引越すに引っ越せませんからね。近所にいつ、どんな人が引っ越してくるか、住み始めるかなんて誰にもわかりません。安住の場である自宅でそういうトラブルに見舞われたときの、持ち家の場合の閉塞感と言ったらたいへんなものでしょう。賃貸なら、比較的自由に引っ越せます。引越しでは時間も費用もエネルギーも費やしますから、賃貸派にとってもたいへんなことではありますが。

賃貸人の立場は強くなっている

日本では長く住宅不足が続いていましたから、賃貸住宅は貸し手市場でした。敷金のほとんどが返ってこない、自然劣化についても原状回復費用を請求される、礼金や契約更新料が高額、保証人が必要など、引っ越しをちゅうちょさせる事情がたくさんありました。でも最近は、人口減少で空き家物件が増えてきたせいか、礼金ゼロ物件もずいぶん増えてきました。自然劣化の原状回復費用も支払う必要はなくなってきています。保証人がいらない物件も増えていますよ。賃貸での住み替えが、よりしやすい状況になっています。

札幌市白石区の賃貸マンションは、防犯カメラやダブルオートロックなどの最新の防犯セキュリティも取り付けられています。