賃貸物件を選ぶ際のキーポイント…コミュニティを考える!

キッチンは「コミュニケーション」の場!

従来の考え方では、キッチンは単に食事をつくるための場所かと思いますが、現代住宅におけるキッチンは、単なる作業場ではなくなりつつあります。時代の移り変わりと共に日本人のライフスタイルも多様化しました。食事の取り方や作り方だけでなく、その考え方も変化してきたと言えるのです。賃貸住宅におけるキッチンの考え方では、人が集まる場所としてコミュニケーションを深める空間であると重視されはじめています。カップルで賃貸住宅に住むのなら、コミュニケーションが深まる素敵なキッチンがあるという条件で探すと良いでしょう。

住むためにはアイディアが重要!

カップルで賃貸に住む場合、部屋数は多くしたいものの、賃料を考えると2LDKがベストです。部屋数が多ければ多目的に使うことができますが、3LDK以上となってくると家賃に負担がかかってしまいます。DIYに自信があるなら、ちょっと広めのワンルームを借りて自分なりにプラベート空間をつくりだすことも可能です。リビングやキッチンに仕切りをつけることで、プライベートな空間を作りだすこともできます。例えばディアウォールとシャビーボードで間仕切り壁をDIYするとか、賃貸に住む上では住み心地を良くするためのアイディアも重要になってくるでしょう。

広さが生む効果を考えよう!

家族やカップルなどの複数人での生活する上では、キッチンにしてもプラベート空間にしても広く使えることが理想です。各部屋をはじめ、洗面所、トイレ、キッチン、ダイニングなどには動きやすいスペースあれば、ストレスもたまりません。住宅の広さにはただ単に動きやすくなるという点以外にも、メリットがあります。広々とした空間にいると人のこころも広くのんびりするものです。賃貸料金を下げて狭い間取りの賃貸に住めば、貯蓄もできますが、精神的な自由度はなくなるでしょう。賃貸物件を選ぶ際には、収入に折り合いをつけてできる限り広い間取りの住宅を選ぶようにしたいものです。

江別市の賃貸は物件が多いために、理想的な条件を見つけやすいという特徴があります。周辺環境や駅までの距離もチェックしましょう。