家賃保証会社の普及で、賃貸住宅が借りやすくなった

以前は連帯保証人が必要だった

以前は賃貸住宅を借りる際には、連帯保証人をつけることが必須とされていました。連帯保証人の責任は重いですから、誰だってなりたくありませんよね。引き受けてしまうような人のいい方々に負担をかけてしまうので、賃貸住宅に住んでいる人の中には、それゆえなかなか引っ越しができないという例も見受けられました。しかし、人口がついに減少に転じ、空き室が増えてきたため、連帯保証人を立てられない人を入居させたいという需要が高まりました。

家賃保証会社の登場と普及

連帯保証人の代わりとなる家賃保証会社が登場し、その数がどんどん増えていき、今やほとんどの賃貸物件で、家賃保証会社の利用が求められるまでになりました。連帯保証人がいる借り手にも、一律に家賃保証会社の利用が求められることも多く、連帯保証人がいるかいないかはあまり関係しなくなってきているようです。これがあるべき姿というものでしょう。借り手側の負担が軽減されるだけでなく、家主にとってもメリットがあります。

家賃保証会社側の審査

家賃保証会社は今や数多く存在しますが、家主側が指定した会社を使うのが普通です。保証してもらうわけですから、家主側が信頼できる会社でなければならないでしょう。借り手も自分で家賃保証会社を探さなくて済むので、おおいに助かることになります。家賃保証会社でも借り手の審査をしますが、家賃に見合った収入があれば、ほとんどの場合、断られたりはしないようです。家主も連帯保証人の個人保証より安心できるでしょうから、とてもいい制度ですね。

札幌市豊平区の賃貸マンションは、一戸建てとは違って自分で家を管理する必要がないので楽に暮らすことができます。